My Photo

  • ムツばあさん を 訪ねて
    細い山道を車で行って、たどり着いたところは、素敵な山里でした ・・・・

amazon検索

ポチッと

  • ポチッとよろしく!

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015/10/23

■ アガサクリスティ トミーとタペンス NHKにて 秘密機関 放送中

アガサ・クリスティの トミーとタペンス シリーズの2作品 「秘密機関」、「NかMか」が、今日(10月18日)から、3回ずつ計6回で放送中。

第一回目の放送「秘密機関(1)」では、トミーとタペンスは、すでに、夫婦となっていて、結構大きな男の子もいました ・・・・

実は、これまで、トミーとタペンスについて、TVシリーズでの活躍を見ていないのですが、「秘密機関」の前、いつの時点で、子供ができてしまったのか ・・・・

多分、短編集の物語が最初に、TVシリーズ化されたのかな?

クリスティの作品としては、第一作目の「スタイルズ荘の怪事件」に続く、第二作目がこの「秘密機関」で、短編集の、「おしどり探偵」は、「秘密機関」よりあとだったはずだけど、TVドラマでは、逆だったのかな?


人間関係や、事件の導入部分も、原作とは、異なるようだったけれども、人気のTV番組とあって、結構、最初から最後まで飽きることなく見ることができ、面白かったです。


さて、次回は、どうでしょうか ・・・・


2015/10/20

■ ねこ   20年近く一緒にいた ・・・・

20年近く一緒にいた ねこ。

全然食べなくなってしまい、近くの獣医さんへ連れて行きました。
脱水症状を改善するため、注射をしてもらいに、通いました。

少し、エサを食べられるようになって、また、食べられなくなって。

骨と皮ばかりというのは、こういう事だろうなぁと言う状態。

本当に軽くなってしまって。



朝、布団から出てこないので、起こしに行ったら、もう、息をしていませんでした。

お気に入りだった、暖炉のそばのミカン箱まで、連れて行った。

こんなに重かったかなぁ・・・・



庭の隅っこの日当たりの良い所にお墓を作ってあげました。

家の中が何だか急に広くなったような、本当に、誰もいない・・・・

明け方、ニャーニャー、と聞こえたような。
お別れに来てくれたのかな。

元気出せって、かな。



2015/10/18

■ アガサクリスティ トミーとタペンス NHKにて 2作品 秘密機関、NかMか が3回ずつ計6回放送

アガサ・クリスティの トミーとタペンス シリーズの2作品 「秘密機関」、「NかMか」が、今日(10月18日)から、3回ずつ計6回で放送されるとのこと。


短編集の「おしどり探偵」をだいぶ前に読んで以来、トミーとタペンスのものは読んでいなかったので、これを機に、トミーとタペンスシリーズの長編小説

・秘密機関
・NかMか
・親指のうずき
・運命の裏木戸

を読んでみようかと思っています。

運命の裏木戸は、クリスティの絶筆とされるらしい。
どんなもんか、怖いもの見たさ、みたいな感じで ・・・・


2015/10/11

■ OpenOffice 4.1.1 の calc で、文字列から数値を取り出すには、どうすれば良いのだろうか 関数の自作 ・・・・

文字列から数値を取り出す方法として、Excelでは、すでに用意されている関数のみで、実現できるようですが、その同じ方法をOpenOffice 4.1.1のcalcで試したところ、うまく使えませんでした。どうも、配列形式の演算について、異なるためのようです。

たとえば、$-123.456/ccから、-123.456だけを抜き出したいのです。


さて、では、どうしたものか ・・・・
関数を調べたのですが、どうも、思うようなものが見当たらないので、OpenOffice Basicにて、関数を作成してみることにしました。


一例ですが、下記のような、関数cccを作成してみました。

Function ccc(m)

dim a as string
dim ja as string

dim i as integer
dim j as integer
dim Length as integer
dim Lef as integer
dim Rig as integer
dim Idot as integer
dim Imn as integer

Length = Len(m)

Lef = Length+1
Rig = 0
Idot = 0
Imn = 0

for i = 1 to Length

a = Mid(m,i,1)

for j = 0 to 9
ja = j
if a = ja then
if Lef > i then
Lef = i

if Imn = 1 then
Lef = Lef -1
Imn = 2
endif

if Idot = 1 then
Lef = Lef -1
Idot = 2
endif

endif

if Rig < i then Rig = i

if Idot = 1 then Idot = 2

goto exit_1
endif
next j

if Idot = 1 and a <> "." then Idot = 0

if a = "." and Idot = 0 then
Idot = 1
goto exit_1
endif

if Imn = 1 then Imn = 0

if a = "-" and Rig = 0 then
Imn = 1
endif

if Rig > 0 then
goto exit_3
endif

if a = "." and Idot = 2 then
goto exit_3
endif

exit_1:

next i

exit_3:

if Lef > Rig then
ccc = ""
else
ccc = Mid(m,Lef,Rig - Lef + 1)
endif

End Function


下記のような手順にて、新たに作成したFunctionを、OpenOfficeのcalcで、使えるようになりました。

ファイル(無題1.ods)にて、OpenOffice Basicの起動

20151011_202944_3

マクロの作成

20151011_203104

20151011_203211_2


コードの貼り付け

20151011_203253_2

20151011_203428_2


保存し、マクロの実行について、セキュリティの設定変更

ツール → オプション → セキュリティ → マクロセキュリティ

ここで、レベルを 中(M) にしておくと良さそう。


20151011_210413_2


一旦閉じて、再度、無題1.odsを開くと、セキュリティ警告が表示されるので、マクロの有効化を選択


20151011_210312_2

幾つか、試してみましたが、一応、うまくできているみたい ・・・・
なお、この Function ccc(m) は、文字列の中から、数値を文字列として、抽出するので、Value関数にて、数値にする必要があります。


20151011_210224_2

バグが見つかったら、教えていただけると、うれしいです。
なお、この関数、どこまで使える物か、未検証なので、もし、お使いになるときには、自己責任にてお願いします。




2015/10/04

■ 意志力を鍛える   スタンフォードの自分を変える教室、The Willpower Instinct、Kelly McGonigal、神崎朗子 訳  鼻に触らないようにする ・・・・

スタンフォードの自分を変える教室、The Willpower Instinct、Kelly McGonigal、神崎朗子 訳


意志力には、やる力、やらない力、望む力、の三つがあるのだそうだ。

そのうち、私の場合、無意識に、鼻を触る癖があり、どうしても直したいと思って、この本の教えに従い、やってみようという事で ・・・・

この本、10週間かけて、意志力について考えるようになっている。


第1週目

まず、無意識にやってしまうことに、気づくこと。
私の場合、鼻に手を持って行く瞬間に気付くことである。

そして、そのような自分に、あだ名をつけると良いそうだ。

どういうのが良いか ・・・・ とりあえず、自分の方に指を向けるので、「指さし魔」とでもしておこう。
つまり、この、指さし魔、が出てきたときに、気付かなければならない。

確かに、無意識にやっているようなことに対しては、そういうことをやる前に気付かなければ、止めることはできない、道理である。


それから、5分間の瞑想が、意志力を鍛えるのに有効、ともある。

ゆったりと座り、呼吸に意識を集中する。
「吐いて」、「吸って」、と心の中で言いながら、呼吸をする。
数分後、心の中で、言うのをやめ、呼吸だけに、意識を集中させる。
気が散ったら、再び、「吐いて」、「吸って」、と心の中で言いながら、呼吸をする。


ともかくも、嫌な癖を直せるか、やってみよう ・・・・


« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

フォト

twitter