My Photo

  • ムツばあさん を 訪ねて
    細い山道を車で行って、たどり着いたところは、素敵な山里でした ・・・・

amazon検索

ポチッと

  • ポチッとよろしく!

ウェブページ

無料ブログはココログ

カテゴリー「心と体」の記事

2016/03/03

■ 生れたと言うこと

なぜ、人が死ぬかと言うと、生まれたからである。
他にも、多々、理由はあるかもしれない。
病気だとか、事故だとか ・・・・
だが、結局のところ、生れたからと言うのが気の利いた答えであるに違いない。

では、なぜ、生まれたのか?
死ぬためだろうか?

いや、チョット待った、なぜ、生まれたのかと言えば、詳しく考えれば、
卵子と精子が結合し、細胞分裂を繰り返し ・・・・
いや、その前に、親が ・・・・
まあ、そのあたりは、いろいろあると思うし、技術的な詳細については、懇切丁寧に動画で解説しているサイトに譲るとして ・・・・


さて、なぜ、生まれたのだろうか。
親の快楽の末に、副産物として、できてしまったのか?
あるいは、死ぬためか?

いや違う、と思いたい。


確かに、生まれた時に、死ぬことが決まる。
しかし、それは、座して死を待て、と言うことではない。

自分の意思に従って生きることのできる得難いチャンス、を与えられていると考えるべきであろう。
あなたは、あなたの意思を持っている、その意思に従って、あなたの命を使うことができる ・・・・
生きるとは、そういったことなのではないか。

生まれたということは、まさに、自分の命を、自分がどう使うかということなのであろう。


2015/10/04

■ 意志力を鍛える   スタンフォードの自分を変える教室、The Willpower Instinct、Kelly McGonigal、神崎朗子 訳  鼻に触らないようにする ・・・・

スタンフォードの自分を変える教室、The Willpower Instinct、Kelly McGonigal、神崎朗子 訳


意志力には、やる力、やらない力、望む力、の三つがあるのだそうだ。

そのうち、私の場合、無意識に、鼻を触る癖があり、どうしても直したいと思って、この本の教えに従い、やってみようという事で ・・・・

この本、10週間かけて、意志力について考えるようになっている。


第1週目

まず、無意識にやってしまうことに、気づくこと。
私の場合、鼻に手を持って行く瞬間に気付くことである。

そして、そのような自分に、あだ名をつけると良いそうだ。

どういうのが良いか ・・・・ とりあえず、自分の方に指を向けるので、「指さし魔」とでもしておこう。
つまり、この、指さし魔、が出てきたときに、気付かなければならない。

確かに、無意識にやっているようなことに対しては、そういうことをやる前に気付かなければ、止めることはできない、道理である。


それから、5分間の瞑想が、意志力を鍛えるのに有効、ともある。

ゆったりと座り、呼吸に意識を集中する。
「吐いて」、「吸って」、と心の中で言いながら、呼吸をする。
数分後、心の中で、言うのをやめ、呼吸だけに、意識を集中させる。
気が散ったら、再び、「吐いて」、「吸って」、と心の中で言いながら、呼吸をする。


ともかくも、嫌な癖を直せるか、やってみよう ・・・・


2015/05/16

自分ちにロボットがいるとして ・・・・

自分のそばに、ロボットがいるとする。

そのロボットは、自分で考え、行動し、そばにいる者への思いやりとか、共感、同情を示し、時には厳しく、時には優しく振舞う。まるで、人間のような行動をし、人間のような感情を示す、とする。

記憶、計算、その他、精確さと、スピードは、人間以上であるとする。

人間が常識と考えるようなものや、マナーや、その他もろもろの知識は豊富で、中には、相反するようなこともあるが、そのような場合には、付き合っている人間の常識に合わせるので、なにも問題が起らない。

ただ、人間と異なることは、死なない。それどころか、永遠に未来永劫、一度経験したことを忘れることもない。

記憶力が衰えることもなく、と言うより、ネットワークに接続された記憶装置が、それこそ、無限の情報を蓄えており、必要に応じて、それらにアクセスするので、記憶力と言うのは、もはや、情報にアクセスするスピードによって、優劣が決まるものとなる。

常時、ネットワークに接続され、時々に応じて、家の中のロボットから、人間の乗る車へ、自分の意識、そう呼ぶとすれば、を移動させたり、あるいは、地球の裏側や、船や、飛行機に、瞬時に移動することができる。

もはや、人間からすれば、このロボットの実体が、ここにあるともいえるし、地球の裏側にあるともいえるし、どこにあるか特定することもできなくなる。


さて、この家にあるロボットAと、隣の家のロボットBとの関係はどうなるのだろう。

2015/03/21

スポーツ番組の解説


スポーツ番組だけに限らないとは思いますが、現在試合中の選手のプレーについて、悪い点をけなすのではなく、良い点を褒めたほうが良いですね。

悪口を言うと、それを言われた選手のファンが傷つくからね。

2013/12/27

マチウ・リカール、Happiness、幸福の探求、世界一幸福な人物と紹介されたマチウ、たまたまTEDで見かけて、ダウンロードして以来のファンです・・・・

フランス人の仏教徒、TEDで、たまたま見かけて、ダウンロードして以来のファンです。

確かに、その、何と言うか、英語の発音と言うか、顔形と言うか、いかにも、フランス人って感じ。しかし、その人が、僧侶の格好をして、講演していて、何だろうと思ったのが始まり。

その、マチウ・リカールさんが書いた、本。

訳者の竹中ブラウン・厚子さんが、後書きに書いていますが、インディペンデント紙で、「世界一幸せな人」と紹介されたことがあるそうだ。

さて、「世界一幸せな人」とは???

マチウさん自身、幸せなんだと思うのだけれども、この本で示されているのは、誰もが幸せになれるための技術であり、そして、幸せには、一番も二番もなく、誰でも、幸せになれると言っているのだと思います。

本の中で話されているのは、まさに、たとえば、弘法大師が言うように、「それ仏法遥かに非ず、心中にして即ち近し」です。

弘法大師の書かれた般若心経秘鍵を読んでも、なかなか理解できないけれども、この、「幸福の探求」、とても、わかりやすいと思います。








2013/10/14

From a distance God is watching us....  夫れ仏法遥かに非ず、心中にして即ち近し・・・・ Julie Gold の歌と、弘法大師の言葉、まったく違うことを言っているとも思えない・・・・

From a distance  夫れ仏法遥かに非ず、心中にして即ち近し・・・・
Julie Gold の歌と、弘法大師の言葉、まったく違うことを言っているとも思えない・・・・

変かも、しれないけど・・・・

何か、心を支えてくれるものが必要な時、

不思議なことだけど、好きな曲を聴いていると、なんとなく、心に、力が湧いてくると言うか・・・・

God is watching us
God is watching us
God is watching us
From a distance








2013/10/08

「人間に最後まで残される自由・・・・ 置かれた状況において、どう振る舞うか選ぶことができること」 Viktor E. #Frankl

Viktor E. Franklの言葉だそうだけれど、

刺激と反応との間には、スペースがある。

Between stimulus and response there is a space.

と聞くと、例えば、針でチクチク刺されたとして、そのときに、痛い!!!と反応せずに、かゆい、かゆい、ぜーんぜん平気・・・・と言う、反応をすることもできる、と言うようなことを想像してしまう。

確かに、そのような反応をするのも自由だと言う事なんだとは思うし、まさに、それが、フランクルの言う、他人に奪われることのない、自分だけの自由なのかも知れません。

しかし、私には、「人間に最後まで残される自由・・・・ 置かれた状況において、どう振る舞うか選ぶことができること」

The last of human freedoms - the ability to chose one's attitude in a given set of circumstances.

の方が、理解しやすいです。

フランクルの「夜と霧」にあるように、自分も十分な食事をとっているわけでは無いのにもかかわらず、自分のパンを他の人に分け与えることのできる人、絶望的な状況にあるのにもかかわらず、他の人にやさしい言葉をかけることのできる人、あるいは、SSの手先となってしまう人・・・・

まさに、置かれた状況において、どういう態度を取るか選べると言う事は、その人に最後まで残される自由であり、体と命しか残さず、他のものをすべて奪われてしまうような状況において、「どういう態度を取るか、あるいは、どういう心持でいるか」は、まさに、その人だけの自由であり、他の誰も、奪うことはできないと言うことなのかも知れません。

肉体的、精神的苦痛を与えられるような拷問を、継続して受けた場合、本当に、その最後の自由を、手放さずにいられるかどうか、難しい所だと思いますが、フランクル自身や、フランクルが出会った人たちの中には、最後の最後まで、それこそ、命の消える瞬間まで、人間らしさを維持した人たちがいたと言う事なのでしょう。


ひどい苦痛を与えられて、たとえば、仲間を裏切ってしまった場合、それでも、その人には、最後まで奪われることのない自由があると言えるのだろうか・・・・

多分、ある、と思います。このような状況においても、たとえば、自分のしたことを悔いるとか、仲間に謝るとか。

針で刺されたときに、「痛い!」と悲鳴を上げずに、「何のなんの」と言う事が、最後の自由にもなるだろうけど、痛みが治まった後、「こんな痛みなんともないや、平気平気・・・・」と言うような態度をとることもできるし、「もうだめだ・・・・」と言うような態度をとることもでき、まさに、これが、「人間に最後まで残される自由・・・・ 置かれた状況において、どう振る舞うか選ぶことができること」だと思う。








2013/07/07

heart と mind: 愛情は、世界共通語であり、mindではなく、heartで理解されるものである。 Eileen Caddy

スコットランドのフィンドフォーンの設立者の一人、Eileen Caddyさんの本を読んでいて、

愛情は、世界共通語であり、mindではなく、heartで理解されるものである。

と言うような文章に出会いました。

mind も heart も、いずれも、心だと思っていましたが、どうも、mindって、頭で考える心と言うか、後天的に得られた知識に基づいているものであるのに対し、heartは、心臓と言うか、人間が、生まれながらにして持っているもの、であるような感じかなぁ・・・・

実は、以前から、Eileen Caddyさんの著作は、読んでいるのですが、その中で、神と私とは一体のもの、と言うような考え方があるように思います。ところが、最近、空海(真言宗)の著作、般若心経秘鍵、に接する機会があり、その中で、空海は、悟りは外にあるものでなく、自分自身の中にあると言うようなことを、言っています。


おそらく、悟りとは、そういったものなのでしょうか。
静かにして、自分自身と向き合うことで、ハートにて、悟りが得られると言う事なのでしょうか・・・・

2012/01/13

・・・・と、思った と 思うと、心配事が消えていくのだそうだ・・・・

この間、NHKのためしてガッテンで、心配事が、次々に、心に思い浮かぶときには、

・・・・と、思った と 思うと、それらの心配事が消えていくと話していました。


確かに、客観的に自分の心を観察することができるようになると、心配事は、単なる、心の中でのことになっていき、実態を無くしていくのかもしれない。

2011/07/13

いつかは死ぬのだから ニーチェ に 思う

いつかは死ぬのだから ニーチェ

と、グーグルで検索すると、あるは、あるは、・・・・

これらって、著作権法上、問題ないのだろうか・・・・

ところで・・・・

私は、この「いつかは死ぬのだから」と言う、ニーチェの考え方間違っているように思えます。
本当に、人間、死んだら何もなくなるもんなんでしょうか。

大体、この世の中に、絶対・・・・・・と言うようなことに限って、間違っていることが多い。


今流行の、想定外・・・・って言うやつですね。


死んだときに、本当に、何が起こるのか、わかるためには、本当に、死んで見なければ分からない・・・・・


と言って、死んでみるわけにもいかないわけで。

つまりは、もちろん、「ほがらかにやっていこう」と言う、ニーチェには賛成だし、全力で、「今」を生きることはとても大切だと思うけれどもね。その前提とする考えに賛成できない。


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

フォト

twitter