My Photo

  • ムツばあさん を 訪ねて
    細い山道を車で行って、たどり着いたところは、素敵な山里でした ・・・・

amazon検索

ポチッと

  • ポチッとよろしく!

ウェブページ

無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2016/07/01

■ 三菱東京UFJ銀行で、両替機で、1000円札2枚を、全部、5円玉に換金してきました ・・・・  あっと言う間、だった ・・・・

急に、5円玉が必要になり、三菱東京UFJ銀行にて、両替してもらいました。
窓口で換金してもらうのと、両替機で換金するのとで、手数料が異なるとのこと。
2000円分、つまり、5円玉で400枚だと、窓口では、324円、両替機では、無料だとのこと。
両替機を使ってみました。

ただし、三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード、もしくは、両替機専用カード、が必要です。

両替機にキャッシュカードを差し込み、両替を選択して、両替してほしいお金をセット。

両替後の金種を選ぶ。

この場合は、5円玉のところの、5本、2本、1本、を選ぶと、
あっという間に、50枚の5円玉入りの筒、8本に交換してくれます。


便利になったものです。




2016/05/16

■ 磁気定期券 を 記名pasmo に移す: 無記名pasmo を持っていたら、まず 記名pasmo に、変更し 磁気定期券 を移す

無記名pasmoと、磁気定期券を持っていたので、これを一つにしました。
駅にある、券売機(定期券発売機能付き)で、あっという間にできました。


直接、磁気定期券を無記名pasmoに移せるかどうかは、わからなかったので、確実な方法と思い、以下のようにしました。


まず、無記名pasmoを記名pasmoに変更する。

pasmoのメニューから、記名pasmoへ変更を選び、必要な個人情報(氏名、性別、生年月日、電話番号)を入力すると、変更できます。


そして、pasomoのメニューから、定期券 → pasmo定期券に変更を選び、磁気定期券を入れ、表示されたデータを確認するだけで、記名pasmoに磁気定期券のデータが移ります。磁気定期券は、回収されるので、発券機からは、印刷が済んだpasmoのみが出てきます。

便利な世の中になったものです。




2015/11/22

■ りんの鳴り方  相手に問題があると思ってしまうことが多く、自分の方に問題があっても、なかなか気づかないものです ・・・・


最近、仏壇のりんを打ったとき、気づいたことがあります。

実は、私の場合、事情があって、大きいリンと、小さいリンを打つ都合があって、できるだけ毎朝、打つのですが、今まで、いつも、大きいリンの方が良い音がすると思っていました。

残音と言うか、鳴りやんでいく時の、わぅぅん、わぅぅんと言った、響きと言うかが、大きいリンの方が、深みのある良い音で、それに比較して、小さいリンの方は、何か、物足りないような感じがしていました。

ところが、最近、小さいリンの方も、撥の使い方で、鳴りやむときの響きもだいぶ変わることに気付きました。

正式な打ち方かどうかわかりませんが、撥を、二回、リンに当てるのですが、当てる間隔や強度が良ければ、小さいリンも、ハモるような音がでることに気付きました。

小さいリンの方が、高い音なので、聞き取りにくいこともあると思いますが、撥の使い方で鳴り方が変わることは、新鮮な驚きでした。

それまで、大きいリンの方が良い音だと、思い続けていたわけで、小さいリンには、小さいリンなりの、良さがあることに、撥の使い方が悪くて、気づくことができなかったわけです。

相手に問題があると思ってしまうことが多く、自分の方に問題があっても、なかなか気づかないものです。

2015/10/20

■ ねこ   20年近く一緒にいた ・・・・

20年近く一緒にいた ねこ。

全然食べなくなってしまい、近くの獣医さんへ連れて行きました。
脱水症状を改善するため、注射をしてもらいに、通いました。

少し、エサを食べられるようになって、また、食べられなくなって。

骨と皮ばかりというのは、こういう事だろうなぁと言う状態。

本当に軽くなってしまって。



朝、布団から出てこないので、起こしに行ったら、もう、息をしていませんでした。

お気に入りだった、暖炉のそばのミカン箱まで、連れて行った。

こんなに重かったかなぁ・・・・



庭の隅っこの日当たりの良い所にお墓を作ってあげました。

家の中が何だか急に広くなったような、本当に、誰もいない・・・・

明け方、ニャーニャー、と聞こえたような。
お別れに来てくれたのかな。

元気出せって、かな。



2015/05/27

「光あるうち光の中を歩め」 トルストイ、原久一郎訳 を 久々読み直してみた ・・・・

「光あるうち光の中を歩め」読んだ。

だいぶ前になるけど、第一志望の大学を受験する直前に、たまたま立ち寄った本屋さんで、題名だけに惹かれて購入し、読んだのだが、第一志望校は不合格となり、この本は、本棚の奥の方に仕舞い込んだ。

なんとなく、この本を読んだために不合格になったような気持ちがして。
とんでもない話だけど。

だが、今考えてみれば、何でもよかったので、八つ当たりするものが欲しかっただけだったのだと思う。


しかし、その後も時々、この本の題名だけは思い出して、だって、「光あるうち光の中を歩め」って、とても印象に残る題名だったし、大学受験の失敗と結びついて、忘れようにも忘れることができなかった。

内容は、ほとんど忘れてしまったものの、やはり、その題名を、ふっと思い出して、そして、ついに、もう一度読んでみるべきだと思い ・・・・

さて、どこにしまったのだったか ・・・・
大学受験の時だったから ・・・・

実家に帰って、唖然。
本棚の前に、荷物が山積みになっている。

まあいいか、本当に読みたかったら、アマゾンに注文すれば良いかと思ってはみたものの ・・・・

一大決心して、本棚の前に山積みになった荷物をよけた。
そして、本棚の中に探し当て、今日、読み直した。

どうして、この本を、読むと言うか、手に取ったのかさえ、今となっては、わからない。単語帳でも見直すとか、公式集を復習するとか、やることはたくさんあったと思うが。

最初に読んだときは、大学受験のことで頭が一杯で、確か、電車の中で、さっさっさと読んだと言うか、目を通しただけだったように思う。

読書ではなく、ページをめくるためだけのための動作。
何て、もったいないことをした事か。


ユリウスの辿った人生と、自分の過去とが、重なり、大学受験に失敗した後、本棚の奥に仕舞い込まずに、もっと、早く、読み直していれば、と後悔。


だが、ユリウスが、葡萄畑で老人に教えられたように、まっすぐな道を発見し、それを辿れば良い ・・・・
遅すぎることは無い。



2015/04/16

絶対に失敗することはない ・・・・

「絶対に失敗することはない、なぜならば、失敗を認めないからだ」と言った人がいる。

「絶対に失敗することはない、なぜならば、成功するまであきらめないからだ」と言った人がいる。

二人とも同じようなことを言っているようで、だいぶ異なる。

たぶん、後者の方がうまくいく可能性が高いのではないだろうか。

2015/04/06

東京駅記念Suicaのお知らせ が 届いた ・・・・  電子メールにて


東京駅記念Suica、昨年度内は、外れ。
そして、今日、メールにて、お知らせが届きました。

6月中旬以降、毎月約10万~70万枚を発送するそうだ。

自分の分は、年末までには届きそう ・・・・




2015/03/10

「東京駅開業100周年記念Suica」発売事務局から葉書が届いた(2015年3月10日)

「東京駅開業100周年記念Suica」発売事務局から葉書が届いた。

約499.1万枚の応募があり、2014年度内(約10万枚)については、はずれ。
残りは順次、2015年6月から2016年3月にかけて発送されるとのこと。

しかし、すごい人気ですね。

約10万枚の予定にたいし、約500万枚の応募。
倍率50倍だったわけだ・・・・

届くまでに1年くらいかかることもあるわけで、
キャンセルしたいという人もいるのではないだろうか・・・・

2015/02/08

北陸新幹線 グランクラス ・・・・  

北陸新幹線(東京、金沢間)が、2015年3月14日に開業とのこと。

ところで、車内の紹介写真で、横一列で、3席(通路を挟んで、2席と1席)の写真を見て、線路の幅が狭くて、3席しかないのか・・・・

と、大きな勘違い。


この、横に3席の車両って、ファーストクラスのさらに上のグランクラスと言うのですね。
なんと、一つの車両に、合計で3席×6の18席しかない。

一つの車両の定員が、18名、です。

東海道新幹線の普通車(横1列で5席あるので、4列だけで、20人です)しか乗ったことないので、あのイメージからすると、驚きです。

調べてみると、2011年の東北新幹線(東京、新青森間)から、のようです。
つまり、今年(2015年)で5年目になる・・・・

この、グランクラスって、だいぶ前からあったんですね。

全く知りませんでした。


私あたりは、生きている間に一回乗れたらいいなぁ、って感じかなぁ・・・・




2014/12/31

毎日、毎日、どれだけの文章が書かれ、どれだけの文章が、忘れ去られていくのだろう・・・・  もし、これらを、すべて、記憶し、瞬時に検索し、確認することが出来るようになったら・・・・

毎日、毎日、どれだけの文章が書かれ、どれだけの文章が、忘れ去られていくのだろう・・・・
もし、これらを、すべて、記憶し、瞬時に検索し、確認することが出来るようになったら・・・・


時たま、自分の書いた文章を読み返すのですが、

へぇ・・・・
こんなこと、書いてたっけ・・・・

そう言えば、この絵、見に行ったっけ・・・・


なんとまあ、あっという間に、忘れてしまっている。
年かねぇ・・・・


自分で書いたものですら、こんな調子だから、他の人が言ったり、書いたりしていることは、全然、記憶に残らない。

さて、これらの文章を、全部記憶し、瞬時に、相互に関連付けをしたり、できるようになると、どうだろう。


明日から、2015年、最高の年になりますように・・・・




より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

フォト

twitter